ニューハーフが女湯で竿を見られたけど平気だった話

シェアする

ニューハーフの温泉事情

みなさんが気付いていないだけで、ニューハーフは女湯にゴロゴロいます

友達のニューハーフT子もその一人です^^

※正しくはMtFトランスジェンダーについての記事です。伝わりやすさの為に便宜的にニューハーフという言葉を使っています

ニューハーフのT子はこんな身体

T子は、胸が大きくて、手術したから睾丸もないけれど、竿だけは残っているニューハーフです。

恋愛対象も性対象も男性。

睾丸が無く女性ホルモンを投与している関係で筋肉や感情反応も女性と同様。

ただ、竿があるので戸籍は男性のまま

私生活は女性として暮らしています。

彼女は女湯を利用する

T子は山登りが好きで、よく仲間と一緒に山に遊びに行っています。

山を登った帰りには現地の温泉に立ち寄るのが恒例です。

最初は温泉に入ることを遠慮していたT子ですが、仲間(T子の性別のことを知っている女性)に誘われたのを切っ掛けに、それ以来女湯を利用するようになりました。

え?戸籍が男性なのに女湯に入っているの?

そんな疑問の声も起こると思いますが、答えは「YES」。女湯に入ります。

その是非についての議論は散々され尽くしているので、ここではしないことにします。

今回はただ一つの、決定的な事実だけを伝えたいと思います。

それは、すでにたくさんのニューハーフが女湯を利用しているということ。

最近ではポピュラーなニューハーフの女湯利用

温泉好きの方であれば、既に何度か遭遇しているかもしれません。でも、きっと気が付かなかったことでしょう。

最近ではオネエタレントの一部の方(MtFトランスジェンダー)が平然と女湯に入っていることも伺い知れます。

ネットの意見がどうあれ、実際にはとても多くのニューハーフが「黙って(波風立てずに)」女湯を利用しています。

なぜなら本人の気持ちもさることながら、現実的に女湯に入ったほうがトラブルが圧倒的に少ないからです。

たまに女湯で男性(もしくは男性に見えるニューハーフ)が見つかってニュースになっていますが、それこそレアケースです。

むしろT子が女湯ではなく男湯にいたら100%迷惑&トラブルになります

だからといって女湯でバレたらどうするつもりだ!?という質問に対する、一つの回答(Not解答)をしようと思います。

以前、T子はこんな体験をしました・・・

女湯で他のお客さんに竿の存在がバレた

T子はかれこれ20〜30回くらいは女湯を利用しているのですが、先日ついに他のお客さんに竿の存在がバレました。

いや、バレたようです

というのも、T子がニューハーフであることに気付いた様子の女性客二人組が、そのことを誰にも言わないでいてくれたのです。

T子自身、彼女達が「めずらしい人に会ったね〜^^」と楽しそうに会話しているのを聞いてようやくバレていたことを自覚しました。

もしかすると実はこれまでにもバレていたのかもしれません。

今回の件で、それまで女湯を利用する中で芽生えていたとある感覚がより強固な物に変わるのをT子は感じました。

それは「仮に女湯でペニスの存在がバレても大したトラブルにはならないのではないか」という感覚です。

結論:けっこう理解される

良くも悪くもLGBTブームで世の中はトランスジェンダー(性別越境者)の存在を認識しています。

その知識を踏まえた上で、明らかにトランスジェンダーだとわかる女性がいたところで、十分に情状酌量の余地アリな世の中になってきているのだと、そんな体感がありました。

仮に自分が他のお客さんの立場であっても、やはりスルーすると思います。

恐らくですが、温泉で竿バレしたT子を罵倒する女性が現れたら、周囲のお客さんから白い目で見られるのはT子ではなくて罵倒したその女性になるとさえ思います。

運次第なので実際に試してみるわけにはいきませんが、それぐらい当事者が現場で感じる肌感覚は変わってきています。

周囲に許容されるかどうかは当事者の見た目にかなり依存するので、全てのニューハーフに女湯利用を薦めるわけでは決してないです。

ただ既に多くのニューハーフが女湯を利用していて、それでいて世の中の皆さんも結構彼女達を受け入れてくれているっていう現状を、T子の経験を通じてお話ししてみました。

ペニスを取って膣を作る人や、戸籍性別そのものを女性に変更している場合も多いです。そういったところまで話題を拡げれば、女湯に入っている元男性はもっといますね^^



コメント

  1. まい より:

    法律は、竿をつけた人に都合のいいようにできている。

    • とま より:

      まいさん>
      そうですね。そういった傾向は確かにあるかもしれません。
      ただ、この話に関して言うのであればFtM(女性から男性になった人)が竿を作らずに男湯に入っているケースも多々あるので、必ずしも「竿をつけた人」だけがこうしているわけではないことをご理解いただければ幸いです。
      そしてこれらの話は残念ながら必ずしも法律に沿っているわけでもありません。
      日本の現行の法律に絡めて言うのであれば、外性器の変更手術も終えて戸籍の性別変更手続きが完了した人だけが変更後の性別で各種サービスを受ける権利を得られることになっています。
      (そしてこのことは、必要以上に身体にメスを入れる必要性などから問題となっており、戸籍の性別変更に必要な要件からの除外を求める議論も活発になっています)
      生まれつき両性の身体的特徴を併せ持つ半陰陽・両性具有といった方たちの存在を含めると、さらに話は複雑になります。

      噛み砕いてカジュアルな雰囲気で記事にさせていただいていますが、男性が性欲にまかせてこっそり女湯に入っていることとは一線を画す話題であることをご理解いただければと切に願うばかりです。

  2. はな より:

    「FtM(女性から男性になった人)が竿を作らずに男湯に入っているケースも多々ある」
    ホルモン治療が進んでも男湯男便所は怖くて使えないFtMも多く居ますが。女性器があるとバレたらどんな目に合わされるかと思うと恐ろしいという人も多いです。Mt女湯に入っても見の危険を感じることはない。バレて通報されたところで日本は性犯罪に処罰が甘い。この非対称を意図的に隠すのは不誠実に感じます。

    「男性が性欲にまかせてこっそり女湯に入っていることとは一線を画す話題」とはとても思えない。性欲にまかせてこっそり女湯に入っている女性が性的対象の女性自認男性身体社も者も居るだろうと予測できます。今は、いつの間にか完全な男性身体者も「トランス女性」ということになっています。トランスジェンダーとは性適合手術を受けて戸変した人の身と思ってる人も多いでしょう。この記事は性同一性障害からホルモン治療と性適合手術を受けて生まれた性と違う性うを生きる人たち(トランスセクシャル)が長年の努力で手に入れた権利に、TSのイメージを利用してフリーライドする女性自認男性身体者やトランス権利活動家(TRA)の人達にとても都合のいい話だと感じます。

    • とま より:

      はなさん>
      ご意見ありがとうございます。

      >ホルモン治療が進んでも男湯男便所は怖くて使えないFtMも多く居ますが。
      >女性器があるとバレたらどんな目に合わされるかと思うと恐ろしいという人も多いです。

      そうですね。同様に女湯女便所は怖くて使えないMtFも多く居ます。
      性器についてもMtFも全く同じです。

      >Mt女湯に入っても見の危険を感じることはない。バレて通報されたところで日本は性犯罪に処罰が甘い。この非対称を意図的に隠すのは不誠実に感じます。

      (MtFが女湯に、であってますか?)
      この件については、確かにFtMの方が危険度がずっと高いですね。
      意図的に隠したわけではなく、FtMさんの実態に深く関わる機会が少なかったので単純に想像が至らないままの発言でした。
      十分に考慮できておらず申し訳ありませんでした。

      リスクに関して言えば、「怖くて女湯には入れないMtF」が法律に沿って男湯や男子トイレに入って、結果的に周囲の男性客からセクハラ行為を受けたケースは度々耳にしています。
      だからといってFtMが女湯に入った時の社会的なリスクが軽視されるわけではありませんが、これらはパス度や性別特性なども絡まって非常にデリケートな話題になるため、この場で十分な議論をするのは難しいかなとも考えます。

      いずれにしても総合的に考えて温泉やトイレといった施設を利用する際はFtMの方が困難が多そうですね。
      確かに根本的にややMtFに偏りがある内容の発言でした。

      >「男性が性欲にまかせてこっそり女湯に入っていることとは一線を画す話題」とはとても思えない。性欲にまかせてこっそり女湯に入っている女性が性的対象の女性自認男性身体社も者も居るだろうと予測できます

      性欲に任せて〜という犯罪者は居ると思います。
      ですがここから先の話は「それを隠れ蓑にして悪い事をするやつが存在する」というものになってしまい、私の望む内容とは異なる次元のお話になってしまいます。

      「交通事故が起こるから自動車はダメ」的な論争になるのは不本意です。(極端な例えですみません)
      ただ、このセンシティブな話題に対して、男性の性衝動というものの存在がより対話を困難なものにしてしまっているという事はよくわかりました。

      このデリケートな内容の記事に関しても、もう十分に社会への情報伝達の意図は達したかと思うのでそろそろ削除の頃合いかなと考えています。
      私の望む情報伝達の代償として、これまでに少なからぬ数の人間を不愉快な気持ちにさせていることは紛れもない事実だと理解しています。
      不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした。
      貴重なご意見ありがとうございました。

  3. はな より:

    不快にさせるということが問題ではなく、このブログを見て真似する男性が出たり「男性器がある人を女湯で見ても受け入れなければ差別者だ」と認識する人が現れたりと、女性という肉体的社会的に弱い属性に不利益と実害の発生が予測されるということが問題の本質です。女性が女性の専用スペースを失うことは女性の権利の後退です。

    ニューハーフ男性が男湯を使えないのは男性の有害性の問題であって、そのしわ寄せを女性が受け入れろというのはケア要員の役割の強要です。

    性犯罪者が居るからと言って~、とあなた方TRAは言うけれど、被害者を出さすに善良な「トランス女性」と女装性犯罪者を見分ける方法はありません。性犯罪の99.7%は男性によるもの。ホルモン治療しても犯罪率はほぼ変わりません。ならばより弱い女性女児を守るため男性身体者は女湯等女性スペースを使うべきではないし現に現行法では使えない。この記事は脱法行為を推奨していると取られても仕方がないです。そこも問題です。

    性自認が女性であれば男性身体者であっても女性は受け入れろという、形を変えた女性差別(トランスジェンダリズム)が欧米を席巻し日本にも徐々に入ってきています。名乗れば誰でも法的に女性という荒唐無稽な話ですがもう10年以上そんな事になっています。(因みにイギリスではすでに問題多発で撤廃、スペインでは与党のスペイン社会労働党が導入拒否)その地ならしと言える役割をこの記事は果たしていることが最大の脅威と思います。

こちらの記事のコメント投稿は終了しました。