オイル交換に必要な物を揃える

シェアする

お店でやってもらっても大して高くはありませんが、自分でやればバイクに対する愛着もアップ!というわけで、自分でオイル交換をしてみましょう(>x<)!

今回はまずオイル交換の準備編です。

作業に必要な物をまとめて紹介しちゃいます(`・ω・´)

リトルカブのエンジンオイル交換に必要な物

リトルカブのオイル交換に必要な物一覧

上の画像の順番に説明します。

エンジンオイル

ホンダ純正オイル ウルトラG1を600ml使用します。


エンジンオイルは色々ありますが、メーカーが「リトルカブにはコレを使ってね」って言っているオイルなので、これなら間違いありません(笑)

リトルカブのオイル交換に使用する量は600mlですが、最小販売サイズが1000ml(1L)なのでそれを買います。

値段は800円〜900円前後で売っていることが多いです。

ホームセンターでも買える、手に入れやすいオイルです^^

※お店で買う場合は、缶の注ぎ口に取り付ける蛇腹ホースが貰えると思うので、忘れずに1つもらって来るようにしましょう。

残った400mlは次回使うことにして、しっかり蓋をして保管しておきましょう。念の為に残量の目安や開栓日をメモしておくとGOOD!

新聞紙

オイルを抜く時に下に敷いたり、オイルで汚れた物を置いたりするのに便利です。

作業中に強い風が吹いたり、ドレンボトル(オイル抜き栓)を外した時にハネたりして案外飛び散るので1〜2枚は必ず用意しておいた方がいいです。

オイルジョッキ

無くてもなんとかなるのですが、事前にオイルの量が計れるのであるとメチャクチャ便利です。


オイルの注ぎ口は案外狭いですし、オイルを入れすぎると再調整するのが大変なので、オイルジョッキを用意することで作業に対する心理的な抵抗感が大幅に緩和されます(笑)

リトルカブのオイル交換

リトルカブに必要なエンジンオイルは600mlなので、1〜2L容量の物があれば十分です。

代わりに600mlのお茶のペットボトルを用意するのもありかも?
試してませんがオイル缶に付属の注ぎ口が取り付けられたら案外便利かもしれません。

廃オイル受け容器

受け皿の面積は広ければ広いほど作業は楽ですが、邪魔といえば邪魔です(笑)

私は100均とかスーパーで売ってる、1L容量のプラタッパーを使いました。

一応、その都度簡単に廃棄できるオイル交換専用の使い捨て容器なんていうのも売っています↓

ただ、これを使い始めると1回のオイル交換にかかる費用が上がってお店でやってもらう金額と大差無くなっちゃうんですよね(=ε=)

なので私はあえて専用の消耗品は使わない方法を選びました。

使い捨てなら上部を切り落とした牛乳パックを使うという手もあります。
※牛乳パックは面積が狭く、オイルをこぼしやすいので必ず新聞紙を敷きましょう

パッキン

通常、オイルの排出口の栓であるドレンボルトにはアルミパッキンが噛ませてあります。

このパッキンがギュッと潰れることで隙間なくドレンボルトが噛み合うようになっているのですが、これが劣化してくるとオイル漏れの原因になるため、オイル交換時に一緒にパッキンも新品に交換することが推奨されています。

リトルカブ標準のパッキンは、内径(穴)が12mmで外径(円周)が20mmのものです。私は↓これを使いました。5個入りなので何年も持ちそうです(笑)

リトルカブ、バイク用ドレンパッキン(アルミ)

オイル交換時、パッキンがキレイであれば交換せずにそのまま使っちゃうケースも多いようです。2回に1度くらいの交換でも大丈夫そうです。

ペーパーorタオル

取り外したドレンボトルを拭いたり、注入したオイルの量を最終チェックするためのゲージを拭くために必ず必要です。

17mmレンチ

リトルカブのオイル交換に必要な工具はこれだけです。

エンジンオイルの排出口であるドレンボトルを緩めるのに使います。

17mm×19mmタイプと17mm×14mmタイプが売られていますが、リトルカブの場合はチェーン調整などで役に立つので17mm×19mmのメガネレンチを買うのがオススメです

大きいものほどテコで力が入れやすく、女性でも軽い力でボルトを開閉できます。

これを持ってバイクの横に立つとベテランっぽい雰囲気が出ます。

ビニール手袋

ドレンボルトは真下を向いているのですが、それが外れた瞬間に廃オイルが垂れてきます。

そのため、ほぼ100%オイルが手にかかります。ビニール手袋で防御しましょう。

使い捨てでたくさん入ったやつがホームセンターやスーパーやドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

使い捨てビニル手袋

まとめ

ほとんどの物はホームセンターに行けばてにはいりますが、もしかすると⑤のパッキンは手に入らないかもしれません。

どれもこれも1度揃えてしまえば長く使えるものばかりなので、愛車のオイル交換を自分でやろうと思い立ったらバババッと買い揃えちゃいましょう!

次はいよいよ、実際のオイル交換の手順を紹介します^^

リトルカブのエンジンオイルの交換方法を初心者や女性にもわかりやすく詳しく紹介しています。リトルカブに特化したコンパクトな道具を使っています。